2017年01月一覧

くすみは明るいベースメイクアイテムで解消


お肌については若いうちは透明感があってきれいに見えるという人も多いですが、日焼けや加齢などさまざまなことが原因となってお肌のくすみが目立ってくることがあります。

人によっては特に体調に異変がなくても周囲から健康を心配されるくらいくすんでしまうこともあり、お肌のお悩みとして挙げる人も多いです。

本来であればエステサロンや医療での対処、またスキンケアアイテムでくすみを解消できるといいのですが、経済的に難しいという人や原因によってはくすみ解消の手段を用いてもうまく改善されないことがあります。

根本的にくすみが解消されないとなると何をやっても意味がないと諦めるという人も多いですが、仮にくすみが元から解消されない場合でもメイクでもってくすみを目立たなくさせることは可能になっています。

特にベースメイクは、上手にアイテムを選ぶことによってまるでくすみがない透明感のあるお肌に見せることが可能です。
ベースメイクアイテムを選ぶにあたっては、まず色をどれにするかで迷う人も多いものです。

明るめのベースメイクがおすすめ

自分でお肌に合う色のベースメイクは判断しづらい傾向にあるため、多くの人は自分のお肌に合う色がどれなのかということを迷ってしまうものです。

中には明るめの色を選ぶとお肌が白く浮いたりして周囲の人が違和感を覚えるのではないかと思い、意図的に暗めの色を選んでいるという人もいます。

もちろん暗めの色を選んで問題ないという人もいるのですが、暗めの色を選んだ場合にはお肌のくすみがより目立ってしまって透明感のない状態になってしまうことがあります。

なのでお肌をくすみを解消するためにも、自分のお肌の色より少し明るめの色を選ぶべきという場合もあります。

ただ自分がベースメイクアイテムを選ぶ場合には、果たしてどのような色のアイテムを選んだらいいか分からないという人も多いものです。

なのでできればテスターやサンプルのあるベースメイクアイテムを試した上で、くすみ解消のためのアイテムを探すべきです。

また色味で合うものが分からないという場合には、カラーコントロールベースという青や緑などお肌には決して合わないと思われるような色のベースメイクアイテムを使ってくすみを解消することが可能です。

このカラーコントロールベースは見た目上はお肌よりも相当明るい色なのでそれこそ白く浮いてしまうのではないかと使用にあたっては不安を感じるものですが、実際に使用するとくすみが解消されることが多く、今まで自分に合う色味のベースメイクアイテムが見つからなかったという人にもおすすめのアイテムです。