黒ずみ解説者一覧

脇の黒ずみは脱毛と関係していた


ムダ毛があると、その部分を脱毛脱毛をすることが多いですね。
ところが、その脱毛の方法によっては肌にトラブルを起こしてしまうことがあります。

特にそのことを感じるのは、脱毛を一番多くしている脇です。脇は、何度も脱毛を繰り返しているのでその時に肌のダメージが強いのです。

私の場合も、自宅で脇の脱毛をしています。自宅で行うのは、なんといっても簡単だからですね。そして気軽に行うことができると言う、そんなメリットがあります。ところが自宅で繰り返して脱毛をしていると、ふと気づくことがあるのです。

それは、脇の黒ずみです。
脇の黒ずみは、何度も行ったカミソリなどの刺激により、起こってしまうといいます。カミソリで行うと、肌を痛めているのと同じですね。

その何度も行った肌へのダメージが、黒ずみとなってしまうのです。そのことがわかっているモノの、つい自宅で処理を行っていました。

そんな時、ふとエステではどんな感じで行うだろうと思ってエステで行ってもらったことがありました。その時自宅と違うところとして、徹底的に後のフォローがあるということなんです。

肌が乾燥しないように、保湿をしっかりと行ってもらうことができます。その様子を見た時、これは自分で行う時と全く違うと思ったことでした。

そしてその後は、脇の黒ずみについてエステで相談をした事があります。しかし、その後はエステに行く時間がなくそのままになっていました。

黒ずみ専用のクリームを使用してる

そこで、通販で販売している黒ずみ対処のクリームについて、使うことにしています。
脇はふとした時に、見られることがあります。すると、黒ずんでいるととても不潔感を感じることになるのです。

不潔と思われてしまうことは、女性にとってはとても辛いことなのです。そのため、ぜひ対処をして少しでも改善させたいと思っています。

使ってみると、べとつくこともなくとても使いやすいです。黒ずみ専用のクリームなので、使いやすいようにベトつかない工夫がされているんですね。

またしっとりとしているので、なんとなく肌が保湿されてとても綺麗な色になっていく、そんな予感があります。乾燥している肌は、黒ずんでくるのです。

その点、クリームを付けることにより、その乾燥を予防することができます。また、美白成分なども配合されている点は嬉しいですね。

この黒ずみ予防クリームを使って、黒ずむを目立たなくしたいと思っています。


肌の黒ずみやくすみを予防する3つの方法


年齢を重ねるとともに、肌のトラブルが増えてきますよね。
特に、黒ずみくすみなどはふとした時にできていてショックを感じる方も多いでしょうから、これを予防する方法を、ここでは3つご紹介したいと思います。

1.そもそも黒ずみの原因は皮脂にあり!

皮脂というのはニキビなどの原因にもなりますが、皮脂が角栓にたまってしまうことで、黒ずみができてしまいます。
これが悪化すると角質となり、肌を乾燥させる原因となり、さらなるトラブルがやってきます。
ですので、皮脂をこまめに角栓から取り除いてあげるということは、黒ずみやくすみだけでなく、それ以外の肌トラブルの予防となります。

では、どうすればよいのかというと、日頃から毛穴パックなどを使って毛穴のゴミをとってあげます。
そのままだと毛穴が開ききった状態なので、ここでよく保湿などのスキンケアをちゃんとしてあげることで、良い成分が肌の中に吸収されていき、お肌を良い状態に保てますし、黒ずみを回避できます。

2.くすみの原因は角質にあり!

黒ずみと同じようなくすみですが、これが黒ずみよりも曲者です。
これを予防する方法としては、角質を作らないということです。
角質は上記でも述べたように、肌の乾燥をもたらす原因ともなり、これによって、くすみや乾燥ニキビ、それが悪化して大人アトピー肌になってしまうこともあります。

ですので、角質を取り除いてあげて欲しいのですが、それには日頃からよく保湿をしてあげることです。
普段のスキンケアはもちろんのこと、毎日でもよいので、はちみつパックや牛乳パックなど、保湿性の高いパックをしてあげます。

さらに、3日に1度のペースでピーリングをしてあげると、お肌の角質を取り除いてくれるので、これも同時に行いましょう。

3.やっぱりここでもストレスは不要な存在!

病気においても肌トラブルにおいても大きな原因の1つとなっているのが、ストレスです。
ストレスによって睡眠不足になったり、食事のバランスもおかしくなり、運動不足になったりすると、体が何かしらの反応を起こします。
その一つがくすみや黒ずみなのですが(特に仕事が忙しくなると、スキンケアにかける時間がなくなり、こういったものができやすくなります)、これを回避するためにも、日頃からストレスを解消できるような方法を見つけること、そして、考えすぎないようにしましょう。

肌のくすみや黒ずみで悩んでいる方、まずはこんな方法を試してみると、今より肌の状態が良くなるはずですよ。

こちらも合わせてお読みください:脇の黒ずみは脱毛と関係していた


老けて見える肌のくすみの改善法

年齢やお手入れ方法によって肌の状態は日に日に変化していきますがしわが増える、肌がたるむなど、加齢によって肌の悩みはどんどん増えていきます。

肌の悩みの中でも老けて見えてしまう、どんなメイクをしても肌が綺麗に見えないと大きな肌の悩みになるのが肌の色がくすんでしまうことです。

肌のくすみはいつの間にか、気が付かないうちにくすんでしまっていることがほとんど。しっかりとスキンケアを行っても健康的な肌色ではなく不健康で老け込んだ肌の色に見える、ファンデーションの色が急に合わなくなった時は肌にくすみができてしまっていることが多いです。

肌の乾燥、加齢など、肌の色くすみの原因は様々ですが、肌質や加齢などによって肌の血行が悪くなることと保湿不足が原因で肌の色がくすんでしまっていることが多いです。

いつも以上に丁寧に肌を保湿することと、血行を促進させてあげることで肌のくすみが改善し、健康的で明るく透明感がある肌に戻すことも可能です。毎日のスキンケアや生活習慣を改善してくすみのない明るく透明感のある肌を取り戻しましょう。

スキンケアを行う時に肌をしっかりと保湿しているつもりでも肌の内部まで化粧品の成分が浸透していないと肌が乾燥してしまいかさついてしまい肌の表面に水分や油分が不足します。
肌の色がくすんでしまうのでいつも以上に丁寧にスキンケアを行って肌の内部まで化粧品の成分を入れ込んであげましょう。

時間をかけてスキンケアを行うことができなくても化粧水はシートパックを使用しましょう。
自然に肌の化粧水が浸透するようにしたり化粧水、乳液、クリームなどを肌に塗ったら手で押さえることによって手の熱で化粧品の成分を肌の奥まで入れ込んであげること。

短時間でもこのような方法で肌の奥まで化粧品を浸透させてあげると、保湿された肌はふっくらとして柔らかくなりくすみが取れて透明感のある肌になるので、毎日のスキンケアは肌のくすみをなくすためには大変重要になります。

保湿不足と同じくらい肌がくすむ原因である血行不良は、美顔器や指を使って軽くマッサージするだけでも顔全体の血流が良くなることでくすみを改善することに繋がります。

美顔器は力を入れずに顔に滑らせるだけで簡単に顔の筋肉を動かすことができるので血行促進になり指でマッサージをする時にはよく指が顔の上で滑るように乳液やクリームを指にたっぷりとつけてから行いましょう。

顔全体を下から上に、内側から外側に、デリケートでくすみやすい目元は指の腹でしっかりと抑えるようにしてマッサージすると
肌を保湿することもでき血行が良くなることでくすみを改善することができます。

健康的で透明感がある肌を目指すためにも、しっかりと丁寧に肌を保湿することと血行を良くするためのマッサージを行って不健康で老けて見える肌のくすみを取り除きましょう。


くすみは明るいベースメイクアイテムで解消


お肌については若いうちは透明感があってきれいに見えるという人も多いですが、日焼けや加齢などさまざまなことが原因となってお肌のくすみが目立ってくることがあります。

人によっては特に体調に異変がなくても周囲から健康を心配されるくらいくすんでしまうこともあり、お肌のお悩みとして挙げる人も多いです。

本来であればエステサロンや医療での対処、またスキンケアアイテムでくすみを解消できるといいのですが、経済的に難しいという人や原因によってはくすみ解消の手段を用いてもうまく改善されないことがあります。

根本的にくすみが解消されないとなると何をやっても意味がないと諦めるという人も多いですが、仮にくすみが元から解消されない場合でもメイクでもってくすみを目立たなくさせることは可能になっています。

特にベースメイクは、上手にアイテムを選ぶことによってまるでくすみがない透明感のあるお肌に見せることが可能です。
ベースメイクアイテムを選ぶにあたっては、まず色をどれにするかで迷う人も多いものです。

明るめのベースメイクがおすすめ

自分でお肌に合う色のベースメイクは判断しづらい傾向にあるため、多くの人は自分のお肌に合う色がどれなのかということを迷ってしまうものです。

中には明るめの色を選ぶとお肌が白く浮いたりして周囲の人が違和感を覚えるのではないかと思い、意図的に暗めの色を選んでいるという人もいます。

もちろん暗めの色を選んで問題ないという人もいるのですが、暗めの色を選んだ場合にはお肌のくすみがより目立ってしまって透明感のない状態になってしまうことがあります。

なのでお肌をくすみを解消するためにも、自分のお肌の色より少し明るめの色を選ぶべきという場合もあります。

ただ自分がベースメイクアイテムを選ぶ場合には、果たしてどのような色のアイテムを選んだらいいか分からないという人も多いものです。

なのでできればテスターやサンプルのあるベースメイクアイテムを試した上で、くすみ解消のためのアイテムを探すべきです。

また色味で合うものが分からないという場合には、カラーコントロールベースという青や緑などお肌には決して合わないと思われるような色のベースメイクアイテムを使ってくすみを解消することが可能です。

このカラーコントロールベースは見た目上はお肌よりも相当明るい色なのでそれこそ白く浮いてしまうのではないかと使用にあたっては不安を感じるものですが、実際に使用するとくすみが解消されることが多く、今まで自分に合う色味のベースメイクアイテムが見つからなかったという人にもおすすめのアイテムです。


肌が黒ずみを帯びる原因とは

鏡を見ていて、肌に黒ずみが出来ていたらショックを感じます。何故黒ずみは出来るのでしょうか。
原因は、どんなものがあるのか気になります。

・古い角質によるもの

知らずのうちに溜まった角質が固まり、皮膚にこびりついているパターンです。
この場合、ピーリングジェルを用いて軽く肌をこすってあげることで、徐々に改善していきます。
ピーリングジェルはドラッグストア等で安価で売っているので非常にお求めやすいです。
濡れた肌には効果を発揮するのは難しいので、乾いた肌の上から行いましょう。

・ストレス

職場や学校の人間関係。何か強い悩み事がある場合、肌に表れやすくなります。
この場合、睡眠もきちんと取れていないことが多いので、ゆっくり眠れる環境を整えてあげましょう。
ストレスが溜まってきたと感じたら、何か発散出来る趣味を行い、定期的に解放してあげると黒ずみも出来にくいです。

・食生活が乱れている

油っこいものを食べたり、カップラーメンばかり好んで食べるようでは、肌にもその影響が現れます。
野菜も取り入れて食べるようにする。外食は控えるようにする。など出来ることから始めましょう。
食生活を改善していくと黒ずみも徐々に消えていくので心配することはありません。

・摩擦によるもの

ぴったりし過ぎた服を着ていると、肌と繊維がこすれ、徐々に黒ずみを帯びていくようになります。
正座することが多い人も、黒ずみの原因をつくりがちです。特に膝や肘を、床や畳で摩擦しないように、日々気をつけるようにしましょう。
横着した生活を送りがちな人になりやすいです。なので少し面倒でも立って目的場所まで歩く。などメリハリをつけた行動を起こすようにします。

・ホルモンバランスによるもの

妊娠中、出産後などホルモンのバランスが崩れると、肌に黒ずみが出来やすくなります。
黒ずみをストレスとして捉えるようでは、悪循環に陥ってしまうので、生活が落ち着いてからスキンケアを行うようにしましょう。
思い当たる節がある人は、ホルモンのせいなんだと納得し、楽にいることが大切です。

・ニキビを潰したりすると起こる

ついついニキビが気になり触ってしまい、拍子に潰してしまうと、黒ずみの原因となります。
できものにも同じことが言えるので、気になるかもしれませんが、なるべく触らないようにしましょう。
洗顔を行う際もより丁寧に、また、水滴を拭くために用いるタオルで、ゴシゴシと肌をこすらないようにします。日々の気をつけが功を奏します。

関連記事:脇の黒ずみは脱毛と関係していた