肌が黒ずみを帯びる原因とは

鏡を見ていて、肌に黒ずみが出来ていたらショックを感じます。何故黒ずみは出来るのでしょうか。
原因は、どんなものがあるのか気になります。

・古い角質によるもの

知らずのうちに溜まった角質が固まり、皮膚にこびりついているパターンです。
この場合、ピーリングジェルを用いて軽く肌をこすってあげることで、徐々に改善していきます。
ピーリングジェルはドラッグストア等で安価で売っているので非常にお求めやすいです。
濡れた肌には効果を発揮するのは難しいので、乾いた肌の上から行いましょう。

・ストレス

職場や学校の人間関係。何か強い悩み事がある場合、肌に表れやすくなります。
この場合、睡眠もきちんと取れていないことが多いので、ゆっくり眠れる環境を整えてあげましょう。
ストレスが溜まってきたと感じたら、何か発散出来る趣味を行い、定期的に解放してあげると黒ずみも出来にくいです。

・食生活が乱れている

油っこいものを食べたり、カップラーメンばかり好んで食べるようでは、肌にもその影響が現れます。
野菜も取り入れて食べるようにする。外食は控えるようにする。など出来ることから始めましょう。
食生活を改善していくと黒ずみも徐々に消えていくので心配することはありません。

・摩擦によるもの

ぴったりし過ぎた服を着ていると、肌と繊維がこすれ、徐々に黒ずみを帯びていくようになります。
正座することが多い人も、黒ずみの原因をつくりがちです。特に膝や肘を、床や畳で摩擦しないように、日々気をつけるようにしましょう。
横着した生活を送りがちな人になりやすいです。なので少し面倒でも立って目的場所まで歩く。などメリハリをつけた行動を起こすようにします。

・ホルモンバランスによるもの

妊娠中、出産後などホルモンのバランスが崩れると、肌に黒ずみが出来やすくなります。
黒ずみをストレスとして捉えるようでは、悪循環に陥ってしまうので、生活が落ち着いてからスキンケアを行うようにしましょう。
思い当たる節がある人は、ホルモンのせいなんだと納得し、楽にいることが大切です。

・ニキビを潰したりすると起こる

ついついニキビが気になり触ってしまい、拍子に潰してしまうと、黒ずみの原因となります。
できものにも同じことが言えるので、気になるかもしれませんが、なるべく触らないようにしましょう。
洗顔を行う際もより丁寧に、また、水滴を拭くために用いるタオルで、ゴシゴシと肌をこすらないようにします。日々の気をつけが功を奏します。

関連記事:脇の黒ずみは脱毛と関係していた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする