老けて見える肌のくすみの改善法

年齢やお手入れ方法によって肌の状態は日に日に変化していきますがしわが増える、肌がたるむなど、加齢によって肌の悩みはどんどん増えていきます。

肌の悩みの中でも老けて見えてしまう、どんなメイクをしても肌が綺麗に見えないと大きな肌の悩みになるのが肌の色がくすんでしまうことです。

肌のくすみはいつの間にか、気が付かないうちにくすんでしまっていることがほとんど。しっかりとスキンケアを行っても健康的な肌色ではなく不健康で老け込んだ肌の色に見える、ファンデーションの色が急に合わなくなった時は肌にくすみができてしまっていることが多いです。

肌の乾燥、加齢など、肌の色くすみの原因は様々ですが、肌質や加齢などによって肌の血行が悪くなることと保湿不足が原因で肌の色がくすんでしまっていることが多いです。

いつも以上に丁寧に肌を保湿することと、血行を促進させてあげることで肌のくすみが改善し、健康的で明るく透明感がある肌に戻すことも可能です。毎日のスキンケアや生活習慣を改善してくすみのない明るく透明感のある肌を取り戻しましょう。

スキンケアを行う時に肌をしっかりと保湿しているつもりでも肌の内部まで化粧品の成分が浸透していないと肌が乾燥してしまいかさついてしまい肌の表面に水分や油分が不足します。
肌の色がくすんでしまうのでいつも以上に丁寧にスキンケアを行って肌の内部まで化粧品の成分を入れ込んであげましょう。

時間をかけてスキンケアを行うことができなくても化粧水はシートパックを使用しましょう。
自然に肌の化粧水が浸透するようにしたり化粧水、乳液、クリームなどを肌に塗ったら手で押さえることによって手の熱で化粧品の成分を肌の奥まで入れ込んであげること。

短時間でもこのような方法で肌の奥まで化粧品を浸透させてあげると、保湿された肌はふっくらとして柔らかくなりくすみが取れて透明感のある肌になるので、毎日のスキンケアは肌のくすみをなくすためには大変重要になります。

保湿不足と同じくらい肌がくすむ原因である血行不良は、美顔器や指を使って軽くマッサージするだけでも顔全体の血流が良くなることでくすみを改善することに繋がります。

美顔器は力を入れずに顔に滑らせるだけで簡単に顔の筋肉を動かすことができるので血行促進になり指でマッサージをする時にはよく指が顔の上で滑るように乳液やクリームを指にたっぷりとつけてから行いましょう。

顔全体を下から上に、内側から外側に、デリケートでくすみやすい目元は指の腹でしっかりと抑えるようにしてマッサージすると
肌を保湿することもでき血行が良くなることでくすみを改善することができます。

健康的で透明感がある肌を目指すためにも、しっかりと丁寧に肌を保湿することと血行を良くするためのマッサージを行って不健康で老けて見える肌のくすみを取り除きましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする